読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私生活でのダメっぷり!

仕事に関しては自信と楽しさを見出してはいましたが、プライベートと言えばダメ人間のままでした。

 

仕事終わりには必ずと言っていいほどパチンコ三昧。当時はパチスロなんかも1回当たれば14000円位にはなるほどの博打性でした。

勝つ時も30万円とか勝てていたので、ハマりすぎて完全にギャンブル依存性になっていた。

 

そして、パチスロで勝ってはヘルスやソープにお金を費やす。

 

次第にパチスロでの投資額が増えていき、消費者金融にお金を借りてまでパチスロをするようになっていった。

 

お金を借りれば、返さなくてはいけません!その為にまた、パチスロに投資してしまう。

 

勝っては返して、負けたらお金を借りる生活をずっと繰り返していました。

 

気付けば借金額は250万ほどに膨れ上がっていました。普通の会社に勤めている人間に取って250万円の借金は返済に行き詰まるラインを超えたところです。

 

それでもパチスロは辞められなくて、ずっとパチスロをしていました。

 

借金の督促で知らない電話番号を取ると早く金を返せ〜!の電話。会社にも督促の電話があったこともありました。

 

この借金生活は5年以上繰り返していました。

 

このままじゃダメだって分かってはいたけど、もうどうにもならない所まで追い詰められた感はありました。決死の覚悟で親に相談するも、親も住宅ローンに追われていて、私に貸す余裕は無かったようです。

 

結局は弁護士に相談することになりました。

 

自己破産までにはならなかったけど、過払い金などで借金額を圧縮することは出来ました。

 

約300万円の借金は100万円位まで圧縮することは出来ました。

 

それで今後はギャンブルはしない条件で親友から100万円を借りて、消費者金融の借金を全て払いました。

 

そこからはディーラーの仕事をしつつ、隠れて夜バイトをやりながら親友に月5万円ずつ返済する事2年間、やっと無借金生活に戻ることが出来ました。

 

この頃の睡眠時間は夜はバイトなどで3時間くらいしか寝ることは無かったですが、まだ若かったからなんとか耐える事が出来たかも知れません。

 

ギャンブル依存というのは本当に怖いです。

 

頭では分かっていてもどうする事もできなかった。一種の麻薬みたいなもんですね。

 

ギャンブルなどの借金は絶対してはいけないと心に決めて、ダメ人間は改善されていきました。

 

次回は転職、結婚とまた人生が変わってきます。ではまた〜!