読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系保険会社への転職

前回からの続きです。

給料の少ないディーラーから、完全フルコミッションの外資系保険会社への転職。

 

少ない自信はあったけど厳しいことも承知していた。契約が沢山取れれば凄い人は億超える年収になる世界。取れなければ給料はほぼ出ない。言わば個人事業主ですな。

 

車もガソリン代もはたまた名刺すらも自分で買う。保険が売れれば保健契約書のケースも自腹。もちろんお客様との連絡する携帯も個人のものを使用します。

 

ただ、ここで本物の営業のスキルは身についたと思います。

 

入社してからは先ずは募集人資格の勉強!

 

同時期に毎日ロープレを実施。自身の商談の様子をビデオカメラで撮られ、自分自身でチェックします。それを何度も何度も繰り返し、自分自身が納得できるまで繰り返す。

 

営業の虎の巻みたいなものが沢山あり、アポイントの取り方から商談のクロージングまで事細かく成功パターンが記載されています。

 

商談がつまずくとその虎の巻を読み返し、どうすれば上手く成約に結びつくのかを真剣に学ぶことが出来ました。

 

仕事は最初は100人リストなるものを書かせられます。自分の知人、友人、前の会社での関係者など無理矢理100人リストを作らされた感じですね。

 

ただ、保険会社に勤めると友達が激減します(笑)

 

私が保険会社に勤めたことを知ると急に疎遠になります。友人だけでなく親戚ですらそうです。正月やお盆で集まりがあっても誰もよってきません(笑)

 

まぁ、覚悟はしてましたけど、凹みます。

 

ただ、そうは言っても契約は何処からかは取って来ないと収入は得られません。

 

自分自身で書いたリストは使いたく無いという事で学校にある意味飛び込み訪問。先生用の保険があったからなんですが・・。

 

先生とつく職業の人って社会人経験無い人が多くて変わりもんばっかりです(笑)

 

それでも学校に何件も何件も訪問して、先生一人一人に挨拶をしていきました。

 

そこから数人ではあったけど契約が取れました。

 

契約が取れる=見込み客が減る

 

これが生保の辛い所です。常に新しいお客様を探し続けなくてはなりません。

 

生保の1番難しいのは契約者からの紹介を得ることだと思います。

 

物を売るスキルは訓練されているので、ちゃんと話せる場所を確保さえ出来れば、90%以上の成約率だったと思います。

 

ただ中々紹介は得られないことが多いから見込み客はドンドン減っていく。

 

これが生保で働く人が辞めていく最大の理由でしょう。

 

見込み客が居なければ商談すらできない。契約が、無ければ給料が貰えない。

 

私の同期に給料の不安定のせいで離婚する人も沢山みてきました。

 

私も良い月は月収200万位あったり、悪かった月は10万円代だったりとジェットコースターの様な給料でした(笑)

 

年収で見れば1000万円位は超えていたと思いますが生活は全然楽にはなりませんでした。

 

2年ほど勤めて、流石に疲れた。

 

そこで今度はある程度固定給で高い給料を貰いたかったので就職エージェントを初めて使いました。

 

スカウトメールとかは保険会社が殆どでしたが保険業はもう関わりたくなかったんで違う業界で紹介してくれるようにエージェントに頼みました。

そして新たな転職先へ・・・。

 

と言う事でまた次回〜〜!