読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後輩に上司に飛ばされたダメ人間

という事で後輩に飛ばされた私は辺鄙なエリアに飛ばされました。超ど田舎でエリアは西日本でも一二を争う位広い所でした。

 

ふむ、まぁこっちもやり易いからまいっか(笑)的な感じでしたよ。

 

かなり前からそうなんですか私の担当エリアの前任者は仕事しなくて首になった人の後ばかりでした。まともなエリアになって引き渡し、その後に担当する人は出世するという伝説が出来上がる程です。

 

ちょうど成果を刈り取り始めた所で私はいつも移動させられ、また荒れたエリアに飛ばされ、後任が出世していく・・。

 

まぁ、会社からはある意味便利屋さんだったんだろうなと思います。

 

会社の評価は高めだったと思うけど出世しないタイプ。

 

仕事出来るけど出世しない人っていますよね?

まぁ、そんなタイプです。はい(笑)

 

ずっとそんな感じなんで、自分で諦めてた部分もあったのも事実。

 

飛ばされた先の上司は凄く良い人でしっかり仕事を見てくれる人で出世させて上げたいとハッキリ言ってくれる人物でした。

私も期待に応えようと思えた上司でした。

 

基本的に単純な人間なんで本気で出世する為の仕事をこなして行きました。

 

自身の課せられたKPIはモチロン頑張ってトップの成果を上げ、他者貢献として、チームのリーダー業務も引き受け、会議でのファシリテーションとして会議の運営も行いました。

無事にチームも全国でもトップクラスの成果を上げることも出来ました。

 

チーム運営の楽しさも歯痒さも味わいながら自分の成長も感じることが出来た。凄く充実した一年を送ることが出来ました。

 

全国会議のキックオフ会議でも1800人の前で壇上に上がり、営業手法などの講義的なものも任されるようになったんですが・・・。

 

出世したのは直属の上司だけでした(涙)

 

そのポジションに来たのは本社から来た年下の上司でした。

 

ふぅ、もう疲れたよパトラッシュ・・・。

 

マジ、そんな感じ。

 

暫くして、会社の組織変更がありました。

そして、また街中の担当エリアを任せられました。はい、また前任者は首になったエリアです(笑)

 

しかもエリアは今までの倍の件数の顧客を抱える事になりました。

曲者が多いエリアで前任者仕事してないから、データを整備したら全国で最下位のエリアでした。

なんだろう、曲者相手の商談をしながら仕事をこなしても終わらない。

成果も出せる自信が湧いてこない。

 

先の見えない仕事量。街中特有の渋滞。眠る暇すら無くなりました。

 

極度の緊張感でのストレス、渋滞にハマるストレス、終わらない仕事のストレス。

 

そして、身体とメンタルに不調をきたしだしました。

最初は朝の身支度時に必ず発熱する様になりました。

家に帰って来ると熱は下がる具合でした。

 

その症状とプラスして、睡眠障害も出る様になり、熟睡出来なくなり、朝方には目が覚めてしまう。

 

そして、商談先に行こうとすると強烈な胃痛も発症しました。

 

今度は人に会うことが億劫になってき始めました。

 

家でも喋ることも出来なくなってしまいました。

 

それが約1か月ほど続いてから初めて心療内科を受診することになりました。

 

診断名は【適応障害

 

ストレスチェック上は完全に鬱状態とのことでしたがまだ、死にたいとか錯覚とかは見なかったので、適応障害と言う診断名になりました。

 

そして会社は休職となりました。

 

 

と言う事で今回はここまで。

ではまた〜〜!