読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職活動にて

さて、外資系保険会社の勤務に疲れ果てた私は取り敢えず保険会社に席をを起きながら転職活動をしていました。

 

転職エージェントと何回か面談をしたり、職務経歴書を修正したりと活動していました。

 

希望職種はある程度給料がよくて安心して働ける企業とエージェントに伝えておきました。

 

すると案件としては製薬会社のMRやらコンビニのスーパーバイザーやら外資系のメーカーなど沢山紹介してもらいました。

 

1番最初に面接したのは製薬会社のMRで3回面談がありました。製薬会社の面接方は圧迫面接が基本みたいでかなり、パーソナルな所も否定的に言われ、イラっとする面談でした。

 

面談がおわると、面接官は普通です。MRは病院の先生が相手になるのでストレス耐性を見るためにワザと圧迫面接しているらしい。

 

実際、先生とつく職業の人は変な人が多いようです。

社会人経験無い人が多いので社会の一般常識が無い人が多いらしい(笑)

 

また、同時期に違う製薬会社の面接を受けていましたが、そちらはMRではなく薬局とかで営業していく部隊で、ルート営業でした。製薬会社世界ナンバーワンで1番入社したかった企業でしたが無事あっさりと落とされました(笑)

 

今度は職種は全く違うけど、とある業界の世界ナンバーワンの業界に面接することになりました。ただ、業界的には衰退するかもと思い、あまりやる気の無い面接をしてたと思いますが何故か一次面接は合格。

二次面接は前職の営業スキルを見るためになのか、面接官が私に保険を売ってみて下さいという無茶振り。

まぁ、保険は売り慣れていたので面接官はそんな保険だったら入りますって無事口説けたこともあり、面接は合格してしまいました。

 

そして、私が選んだ企業は・・・。

 

製薬会社では無い方の企業を選びました。

 

理由は製薬会社は基本的に転勤が頻繁にあるってことで子供が小さいし、嫁さんにも迷惑掛けるかも、知れないと思って辞退しました。

 

給料は年収で100万円くらいは製薬会社のほうが良かったんですけどねー。

 

入社を決めた方は基本的に自宅から通える範囲無いでの移動はあるけど転居を伴う転勤はあまりないから安心して下さいと言われ、そちらに決めました。

 

回答期限のギリギリまで迷いましたけどね。

 

まぁ、なんとか次の職場を決めることが出来ました!

 

面接を受けてる間は保険の営業活動はしていなかったので殆ど収入はなかったので日雇いのバイトしたり、夜中のボーリング場でスタッフしたりとまぁ、なんでもやって(笑)

 

金の時の夫婦関係は最悪でした。

 

転職活動にもなんだかんだとお金掛かります。面接を受けるために東京に飛行機で何回もいったりしてました。旅費を負担してくれる所も有りましたけど、中々ね・・・。

 

と言う事で無事に新しい企業に就職することが出来ました。

 

次回はその外資系メーカーでのことを書いていきたいと思います。

 

それではまた〜!