読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某大手外資系メーカーに就職

生命保険会社から無事脱出出来た私は今度は外資系のメーカーに就職が決まりました。

 

何だろう?

 

地獄のような日々を送っていた生命保険会社から転職して来た私にとって新しい会社の楽さは!

 

研修では東京に1週間ほど泊りがけで基本的知識を学ぶ事で終了。

 

その後は担当エリアに配属され、先輩社員の方々と毎日同行して、仕事の大体の流れを教えて貰いました。

 

先輩も上司もめっちゃ優しい人ばっかりだ‼︎

 

やはり大手企業でルート営業だとこんなに違うのかと感激すらしました。

 

小売店を回ってポスター貼らせてもらったりするだけでこんなに給料くれるのか!って思いました。

 

今までは嫌な顔されるお客さんを説得させてモノを売ってきたのに・・・ここは、天国か?と思うくらいに楽チン。

 

そう、最初の1年目位までは・・・。

 

外資系の社長はコロコロ変わります。役員クラスも同じようによく変わります。

 

その都度、方針が変更され、職務内容も大幅に変わってきます。

 

社内のプロセスやPCや携帯もコロコロと変わります。

 

まぁ、覚えるのが凄い面倒なだけですけどね。

 

業務は流通商材ということもあり、新製品の導入以外では営業マンのチカラは計れないから担当エリアの良し悪しで評価も決まるところが大きいのと上司から気に入られるかどうかに全てが、掛かっているといっても過言では無いってのが納得が出来ないことも多々ありますが。

 

それでも過去の会社に比べれ、遥かにマシ。

 

就業スタイルも直行直帰だったので凄い自由だったのでよく、寝坊してましたが(笑)

 

ダメ人間にとって最高の居場所を見つけた感じです(笑)

 

ダメ人間ではあったけど仕事は要領良くこなすので帰りも早かったので家族も凄く喜んでました。

 

毎月、決まった金額の給料が振り込まれる喜びは心が癒されます。

 

年間の評価によって給料の昇級率は違うけど毎年必ず給料のベースアップも有りました。

 

仕事も勿論難しい場面も多々ありましたが安心して働けていたので私自身リラックスして商談できることもあり、評価は中々良かったと思います。

 

この会社に入社してから子供が3人になりました(笑)

3人目は酔っ払った勢いでできましたけど(笑)

 

入社して3年程経った頃から会社の方針が徐々に変わって来ました。

 

いままでは商品の取扱い率が評価指標だったのがプラスして発注数量も求めて来ました。

それが適正で、あればいいのですが、はっきり言って無茶振りの様な数字を追われる様になって行きました。

 

それから・・・。

 

長くなりそうなんで今回は、ここまで〜!

んじゃまた今度〜!